節句

一つ身

一つ身は新生児から2歳位までの着物。

この一つ身の着物は初めてのお宮参りの時に着る着物でもあります。小裁ちした着物を揚げずに、付け紐をつけた形で仕上げます。赤ちゃんには被せる感じです。

一つ身の着物は、3歳になった時に、七五三の着物として仕立てて着ることになります。

三つ身

三つ身は2歳~4歳ぐらいまでの幼児が着る着物です。三つ身で仕立てた着物です。その時期しか着られない身体に合ったサイズですが、あんまり着る機会が少ないので一つ身から四つ身に飛ぶことが多いです。

四つ身

 

 

四つ身は、4歳~5歳の幼児が着る着物です。着物一反の半分から三分の一を使用する着物。作りが大体110cmの身長くらいから使え、生地をたっぷり使っているため、長く着ることが出来ます。

長く着物を着たいというのであれば、最初に四つ身で着物を仕立てれれば、初宮参りから、7歳の七五三まで着ることが出来ます。仕立て方も、後ろ幅から襟を取り、4倍の布地を見頃の幅があるため、お子さんの成長に合わせて肩揚げや腰揚げをすることで丈や幅を自由に調整することが出来きます。

十三詣り

お近く地域で対象のお子様がおられるのであれば是非参加されて家族二代、三代の思い出のお写真を残されてみてはいかがでしょうか。

女子にとって十三詣りは、初めての本裁のきものを着る機会です。女の子であればかわいいお年頃。きものや袴を着てみたいと思っている子も多いはず。

装いの上でも大人の仲間入りという節目。特にきものについて決まりはありませんが、ほとんどか振袖をきます。

今流行りの「ママ振り」前哨戦みたいに気軽な感じで家族の振袖を仕立て直して着せるもOK!!

寸法は体型に合わせておいてくださいね。裄(ゆき)の調節が必要なければ、肩上げはしなくても構いません。

本裁の着物ですから二十歳くらいまで切れますし、成人式にも着るつもりで豪華な振袖をあつらえる人もいます。

女袴の着用時のメリット

女袴を着用する際は、前後の生地の上部にあるひもを腰の周りに結んで着付けます。男袴や緋袴の場合は、腰周りをカチッと支える腰板や腰板代わりの硬めの芯が入っているため、慣れないとコルセットのような着用感がありますが、女袴のひもにはそれらがないため、締め付け感なく着られるというメリットがあります。

また、スカート状になっているため裾さばきが楽で、トイレの際にわざわざ脱ぐ必要がないという点も大きなメリットとして挙げられます。