きもの~kimono~を着る

きもの姿は上品で美しく、とても優雅です。皆様の大切な場面で日本人の第一礼装である「きもの」を身につけることでその想いや気持ち・心を伝えていただきたいと思います。

振袖は成人式や卒業式、結婚式のお色直し、友人・親戚の披露宴や結納を交わすとき、お見合いの席などに着ます。

既婚の女性の第一礼装ならば留袖になります。身内の結婚式の際、母親は留袖を着るのが一般的です。黒地に絵羽の裾模様がついて、5つの紋を付けます。 甥御さんや姪御さんの結婚式、また、仲人をされる方も黒留袖を着ます。黒留袖は既婚の女性の一番の装いとして無くてはならないものです。

不祝儀には第一礼装の黒紋付きを喪服としてきます。模様の無い黒地のきもので、黒共帯を締め、帯揚げ帯締めの小物も黒を使います。身内のお通夜、葬式には喪服を着るのが一般的です。

着物の第一礼装は女性には無くてはならないものなので、いざという時に慌てないように普段から心がけておきたいものです。