シーン別 着物の種類

結婚式

-留袖・訪問着・付け下げ

黒留袖はミセスの第一礼装

黒地に裾模様だけを描いたきものになります。既婚女性の第一礼装で、結婚式に礼装として着られるのが一般的です。ヤングミセスの黒留は柄の位置が高く、華やかな配色で大きめの柄が適しています。

身内の結婚式なら家によって親族には黒留袖を着てほしいとか、色留袖で華やかになどリクエストもある場合がありますので出席される者同士で事前打ち合わせをするなども賢明な方法だと思います。

入学式・卒業式・披露宴・お茶会

-訪問着・付け下げ・色無地・小紋

準礼装となる訪問着

訪問着とは

仮絵羽を仕立てて模様付けし、広げると一枚の絵画のように模様が染められています。(絵羽模様)訪問着は、上半身に模様があるので色留袖に比べて華やかに見えます。

明治時代になり女性が外に出ていく場が増えたことで‘‘普段着以上礼装未満‘‘というポジションにあたるので古典柄、モダンのもの、しゃれ味のある模様など着て行く場によって変わります。

訪問着は未婚、既婚を問わず着られ格調高い柄ゆきなら、留袖や振袖に次ぐものとして重宝します。

紋で格が決まる

準礼装の訪問着は、三つ紋、一つ紋付きの色留袖や紋付の訪問着、紋付の色無地。

帯との組み合わせで結婚披露宴・お茶会・パーティーなど様々な機会で着ていけるものです。

訪問着と付け下げの違い

付け下げは訪問着に近いきものです。着尺で市販されていますので仮絵羽の形で売られている留袖や訪問着と区別できます。

着尺:反物を着物の形にしないで染めたもの

仮絵羽:反物をきものの形に仮縫いしたもの

絵羽模様:縫い目の模様が繋がっているもの

は縫い目にかかって柄が続いている部分のことを「合口」といいます。
合口が多ければ多いほど裾全体を一枚の絵画として描くことが可能となり、贅沢な絵羽柄の着物となります。
格のある着物、つまり振袖や留袖、正式な訪問着は全て絵羽柄になります。

着尺は絵羽よりも格が下とされていますが、付け下げはその中で準礼装に近い感覚で着られるきものです。

付け下げは戦時中、絵羽模様の訪問着が贅沢品と禁止されたため考案された「反物に仕上がりの文様をあらかじめ計算して文様を染める技法」もの。

入学・卒業式の親の装い~知的に上品で控えめな装い~

とは言っても難しく考えることはありません。ポイントは

・派手すぎず、しゃれ味の強い柄は避け、品格のある古典的な柄

・晴れ着らしい訪問着や付け下げ、紋付の色無地、江戸小紋

・帯で若々しさや母親としての喜びを表現

で要するに「古典的な柄」を選ぶということです。

おしゃれ着
-小紋・お召し・紬

おしゃれのための着物

お稽古・ディナー・旅行、展示会などへの外出着は、少し格があるものから趣味として楽しむものまで、一番応用範囲が多いジャンルになります。
逆に言えばTPOにあわせて微妙な調整が楽しめる着物です。